便秘対策ガイドTOP > 便秘に関する基礎知識 > 便秘薬のデメリット

便秘薬のデメリットについて

 

生活習慣を改善しても便秘がなかなか治らない、という方は便秘薬によって症状を緩和する方法をおすすめします。

 

ただし、便秘薬には副作用もあります。

 

市販されている便秘薬の大半は、腸を刺激して半ば強制的に排便を促す作用を持っています。

 

お腹が張る際に応急処置として用いる場合は特に問題ないのですが、常用するとかえって腸に負担を与え、便秘の症状が悪化するケースもあるようです。

 

便秘薬はできる限り使用を控え、服用する際は適量を厳守することが大切です。

 

この他、便秘薬には大腸の水分量をコントロールして排便を促すタイプのものがあります。

 

即効性はありませんが、作用が緩やかなため腸への負担を軽減することができます。

 

便秘薬を常用し続けると、体が本来持っている排便機能が衰えて、薬に依存するようになってしまう可能性があります。

 

また、薬の作用によって腸内に存在する善玉菌も一緒に体外に排出されてしまうケースがあるようです。

 

善玉菌が減ると便秘は悪化してしまいますから、また便秘薬が必要になり、また善玉菌が減り…という悪循環に陥ってしまう方もいるようです。

 

やはり便秘薬の常習化は控え、あくまで応急処置として服用するのが正しいお薬との付き合い方といえるでしょう。

 

ただし、現在は体に負担をかけない便秘薬や副作用の少ない便秘薬も開発されていますから、時々使用する分には何の問題もありません。

 

しかし、体質によって効き目に差があり、また他の薬との飲み合わせの問題もありますから、心配な方はお医者さんに相談してみると良いでしょう。

 

便秘に関する基礎知識記事一覧

便秘の症状は?

便秘の症状は人によって様々です。例えば、3日以上排便が無くても、苦痛を伴わない症状であれば通常の腸管通過時間の範疇である場合も考えられます。逆に、1日〜2日程度の排...

便秘で起こる腹痛について

便秘の自覚症状としては、お腹の張りや腹痛が挙げられます。腹痛についてはときに日常生活に支障をきたすほどの激痛を生じるケースもあり、場合によっては医療機関での治療が必要になり...

生理前の便秘について

生理の前後は便秘に悩む女性が多いといわれています。その原因は「黄体ホルモン」という女性ホルモンの作用によるものです。生理の前後にはこのホルモンが通常よりも多く分泌さ...

妊娠中の便秘について

女性の方が便秘になりやすいのは、ひとつには骨盤の大きさの違いが影響しているといわれています。女性は妊娠に備えて、子宮を支えるための骨盤が大きく発達しています。大きな...

赤ちゃん・乳児の便秘

赤ちゃんや乳児の便秘は、大人とは多少メカニズムが異なります。2〜3日お通じが無くても、苦しそうな様子を見せなければ特に心配はありません。逆に、1日おきの排便であって...

便秘薬のデメリット

生活習慣を改善しても便秘がなかなか治らない、という方は便秘薬によって症状を緩和する方法をおすすめします。ただし、便秘薬には副作用もあります。市販されている便秘薬の大...

こんな症状の時はすぐに病院に!

便秘にお悩みの方が発症しやすい病気として痔が挙げられます。なかなか便がでないからと強くいきみ過ぎると、排便時に強い痛みを感じる場合があります。これは切れ痔と呼ばれる...