便秘対策ガイドTOP > 便秘に関する基礎知識 > 妊娠中の便秘について

妊娠中の便秘についてについて

 

女性の方が便秘になりやすいのは、ひとつには骨盤の大きさの違いが影響しているといわれています。

 

女性は妊娠に備えて、子宮を支えるための骨盤が大きく発達しています。

 

大きな骨盤が腸の働きを妨げる場合があるため、便秘を生じやすくなってしまうのです。

 

また、普段は便秘と無縁だという女性も、妊娠中は便秘を生じやすくなってしまうようです。

 

その原因は、胎児を十分に発育させるために子宮が体内でスペースを広げ、子宮周辺にある大腸の収縮が阻害されてしまうために生じると考えられています。

 

大腸は排便の際に収縮(蠕動)運動によって便を排出しているため、妊娠によって働きが圧迫されるとどうしても便秘を生じやすくなってしまうといわれています。

 

また、妊娠するとホルモンのバランスが変化し、そのことが原因で便秘になる女性も多いようです。

 

普段は生理の前後に分泌される「黄体ホルモン」というホルモンが、妊娠に伴い分泌が増えるため、その影響で腸の働きが低下し、便秘が起きやすくなると考えられています。

 

しかし中には、妊娠によって逆に便秘が解消した、という女性もいるようです。

 

これはあくまで例外的なケースですが、おそらく妊娠によって普段乱れていたホルモンのバランスが改善し、そのことによって便秘が解消したものと考えられます。

 

中には腸が圧迫されることを原因に挙げる方もいますが、理由は定かではありません。

 

便秘になると、どうしても強くいきんでしまう方が多いのですが、妊娠中は痔になりやすいため、強くいきむのは危険です。

 

水分や食物繊維をたくさん摂るなど、日常の心がけで便秘の改善を目指してください。

 

便秘に関する基礎知識記事一覧

便秘の症状は?

便秘の症状は人によって様々です。例えば、3日以上排便が無くても、苦痛を伴わない症状であれば通常の腸管通過時間の範疇である場合も考えられます。逆に、1日〜2日程度の排...

便秘で起こる腹痛について

便秘の自覚症状としては、お腹の張りや腹痛が挙げられます。腹痛についてはときに日常生活に支障をきたすほどの激痛を生じるケースもあり、場合によっては医療機関での治療が必要になり...

生理前の便秘について

生理の前後は便秘に悩む女性が多いといわれています。その原因は「黄体ホルモン」という女性ホルモンの作用によるものです。生理の前後にはこのホルモンが通常よりも多く分泌さ...

妊娠中の便秘について

女性の方が便秘になりやすいのは、ひとつには骨盤の大きさの違いが影響しているといわれています。女性は妊娠に備えて、子宮を支えるための骨盤が大きく発達しています。大きな...

赤ちゃん・乳児の便秘

赤ちゃんや乳児の便秘は、大人とは多少メカニズムが異なります。2〜3日お通じが無くても、苦しそうな様子を見せなければ特に心配はありません。逆に、1日おきの排便であって...

便秘薬のデメリット

生活習慣を改善しても便秘がなかなか治らない、という方は便秘薬によって症状を緩和する方法をおすすめします。ただし、便秘薬には副作用もあります。市販されている便秘薬の大...

こんな症状の時はすぐに病院に!

便秘にお悩みの方が発症しやすい病気として痔が挙げられます。なかなか便がでないからと強くいきみ過ぎると、排便時に強い痛みを感じる場合があります。これは切れ痔と呼ばれる...