便秘対策ガイドTOP > 便秘に関する基礎知識 > 生理前の便秘について

生理前の便秘についてについて

 

生理の前後は便秘に悩む女性が多いといわれています。

 

その原因は「黄体ホルモン」という女性ホルモンの作用によるものです。

 

生理の前後にはこのホルモンが通常よりも多く分泌されます。

 

黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑える働きを持っているのですが、同時に腸を動かす筋肉の働きも抑制してしまうのです。

 

このホルモンの作用によって、生理前には腸のぜんどう運動が低下してしまい、便秘を生じやすくなってしまうと考えられています。

 

生理前後には便秘に加え、肛門の粘膜が炎症を起こす可能性もあるようです。

 

痔などを発症しやすい時期でもあるので、排便時は力み過ぎないように注意してください。

 

中でも特に便秘と関係が深いとされるホルモンが「プロゲステロン」です。

 

プロゲステロンは女性ホルモンの一種で、やはり生理の前後に分泌が盛んになります。

 

このホルモンには、排卵に備えて水分を腸管内から体内に移動させる働きがあります。

 

この作用によって便が硬くなってしまう(水分が不足する)ので、 便秘になる可能性が高まると考えられています。

 

生理前後の便秘を解消するためには、水分を多めに摂るようにしたり、食物繊維を含む食事を多めに摂るといった工夫が効果的です。

 

運動も効果が高いのですが、生理前は体調が崩れやすいという方も多いので無理はしないようにしてください。

 

軽いウォーキングや自転車にも十分な効果が期待できるのでおすすめです。

 

生活習慣全般が影響しますから、十分な睡眠とストレスの無い生活を心がけることも必要です。

 

便秘に関する基礎知識記事一覧

便秘の症状は?

便秘の症状は人によって様々です。例えば、3日以上排便が無くても、苦痛を伴わない症状であれば通常の腸管通過時間の範疇である場合も考えられます。逆に、1日〜2日程度の排...

便秘で起こる腹痛について

便秘の自覚症状としては、お腹の張りや腹痛が挙げられます。腹痛についてはときに日常生活に支障をきたすほどの激痛を生じるケースもあり、場合によっては医療機関での治療が必要になり...

生理前の便秘について

生理の前後は便秘に悩む女性が多いといわれています。その原因は「黄体ホルモン」という女性ホルモンの作用によるものです。生理の前後にはこのホルモンが通常よりも多く分泌さ...

妊娠中の便秘について

女性の方が便秘になりやすいのは、ひとつには骨盤の大きさの違いが影響しているといわれています。女性は妊娠に備えて、子宮を支えるための骨盤が大きく発達しています。大きな...

赤ちゃん・乳児の便秘

赤ちゃんや乳児の便秘は、大人とは多少メカニズムが異なります。2〜3日お通じが無くても、苦しそうな様子を見せなければ特に心配はありません。逆に、1日おきの排便であって...

便秘薬のデメリット

生活習慣を改善しても便秘がなかなか治らない、という方は便秘薬によって症状を緩和する方法をおすすめします。ただし、便秘薬には副作用もあります。市販されている便秘薬の大...

こんな症状の時はすぐに病院に!

便秘にお悩みの方が発症しやすい病気として痔が挙げられます。なかなか便がでないからと強くいきみ過ぎると、排便時に強い痛みを感じる場合があります。これは切れ痔と呼ばれる...