便秘とは?

 

便秘とは、排便の回数が「正常の場合よりも少ない」症状のことです。

 

通常は、直腸からの便の排出が何らかの理由によって遅延し、便が大腸内に長く停滞する場合に便秘を生じます。

 

また、便の排出が困難であったり、量が減少したり、お腹が張ることによる不快感なども便秘の症状に含まれます。

 

なかには腹痛を伴うケースもあり、症状が深刻な場合は通院による治療が必要な方もいます。

 

一般的には、「三日以上続けて排便がない」状態を便秘と言いますが、排便の回数には個人差があるため、一概に排便の頻度を症状の基準とすることはできません。

 

たとえ数日に1回というサイクルでも、生活のリズムとして規則的な排便が保たれていれば、便秘とはいえないケースもあります。

 

逆にいえば、毎日お通じがある方の中にも、便の量が極端に少ない場合や、残便感がある方については便秘の可能性があります。

 

便秘は命に関わるような病気ではありませんから、症状を自覚していても放置する方が多いようです。

 

しかし便秘は、肌荒れや痔、大腸癌など、様々なリスクの原因となります。

 

特に女性については便秘でお悩みの方が多く、無理なダイエットや生理、妊娠が便秘を誘発するといわれています。

 

便秘は生活習慣と関わりの深い病気であり、規則正しい生活をすることで予防・改善が可能です。

 

具体的には、栄養バランスの取れた食事をとること、適度な運動を行なうこと、十分な睡眠時間をとることなどが重要になります。

 

便秘は美人の大敵なんです